2020年11月30日

支払いや運送手配はどうする?中古重機をインターネットオークションで購入する際の手続き完全版!

建機の点検をする作業員

「ヤフオク!」や「メルカリ」などの普及で、インターネットを利用して中古品を購入することは珍しくなくなっています。しかし、高額の中古重機をインターネットオークションで購入するとなれば、まだまだ不安が大きいと思います。そこで、今回はインターネットオークションで中古重機を購入する際の手続きについて、購入から支払い、運送手配までの流れを徹底解説します。

中古重機のインターネットオークションとは?

そもそもインターネットオークションとは、出品された商品に対し、出品者の希望金額以上の金額で入札し、複数の入札があった場合は、そのなかで最も高額の入札をした人が落札できるというものです。

中古重機のインターネットオークションにも、基本的には上述したようなネットオークションの仕組み(競り上がり、ビッドアップ方式などと呼ばれます)を取り入れたものが存在しています。
パソコンやスマホから参加できるため、どこにいても参加することができ、会場に直接行かなればならないパレードオークションに比べて参加へのハードルが低いことが最大の特徴です。

パレードオークションの会場へ行く交通費、宿泊費などのコストの大幅削減が可能になるとともに、通常の業務のかたわらで中古重機への入札・購入ができるのは、業務効率化という意味でも魅力です。

また、2020年の新型コロナ感染症拡大が起きて以降は、大勢の人の移動やイベントでの密集に懸念が高まり、さらにインターネットオークションへの注目度が高まりました。

ネット上に出品された重機のなかで気に入ったものがあれば入札し、最高落札額を提示すれば購入できます。また、オークションサイトによっても異なりますが、出品者、購入者どちらにとっても使いやすさを追求し、利用のハードルを下げる機能を有しているサービスも少なくありません。

中古重機のインターネットオークションの購入から支払い、運送手配までの流れ

中古重機のインターネットオークションの概要、メリットを見たところで、次はALLSTOCKERを例に、実際に購入(入札)、支払い、運送手配をするまでの取引の一連の流れを見ていきます。

購入(入札)

パソコンやタブレット、スマートフォンでALLSTOCKERオークションの開催期間中にサイトにアクセスし、会員としてログイン(未入会の場合はまず会員登録が必要)して、希望の重機を見つけたら「入札」ボタンを押します。

人気の機種の場合は入札競争になる可能性が高く、落札を目指すためにはネットに張り付いていなければならず、他の業務が滞ってしまうことにもなりかねません。そこで、ALLSTOCKERでは、任意の金額で予め入札金額を設定でき、別の人が入札した際に自動で再入札可能な「自動入札機能」があります。

常にネットを見ているわけにはいかないという方でも手軽にオークションに参加することができます。

落札

入札期間中、入札を行った重機に対し、最高入札額であった場合に落札が決定します。ALLSTOCKERの場合は、入札期間終了間際になると、とりわけ多くの入札が行われてもっとも盛り上がるタイミングになり、人気の機械には激しい入札競争が繰り広げられます。

支払い

落札確定後、落札確定のメール通知と、後日運送料金を含む落札代金が記載された請求書が届きます。請求書を受領したら、指定の期日内に指定口座へ支払いを行います。通常のインターネットオークション同様、前払いが原則です。

運送手配

出品者が入金の確認をしたら、運送手配が行われます。この際、落札商品の引き取りから仕向け地までの運送は、オークション開催会社(ALLSTOCKERであればALLSTOCKER)が手配する運送会社が行います。

また、運送料は基本的には入札者負担です(運送中にトラブルが発生した場合は、発生原因に応じて入札者と出品者、どちらの負担になるかが変わることがあります)。

インターネットオークションで中古重機を購入する際の注意点

会場で行われるパレードオークションに比べて様々なメリットがあり、業務効率化においても大きな効果を発揮するインターネットオークション。しかし、中古とはいえ1台で数百万円する機種も珍しくない重機の購入をネットで完結するには、不安もあると思います。そこで、インターネットオークションで中古重機を購入する際の主な注意点として次の3つをお伝えします。注意点をしっかりと押さえて、安心の取引を進めましょう。

1.参加するのに審査やデポジット金などが必要

全国、全世界から参加可能なインターネットオークションですが、誰もが参加可能なわけではありません。ALLSTOCKERの場合、無料会員登録後、オークション入札参加に関しては基準を設けており、所定の審査が必要です。これにより、信頼できる参加者による安心・安全なオークション開催が可能になります。

2.商品の状態をよく確認する

ここまでお伝えしてきたように、インターネットオークションには多くのメリットがありますが、それでも参加に二の足を踏んでしまう要因として、入札前に現物を確認できないという点があります。オークションサイトの商品詳細ページに掲載された写真とコンディション情報で重機の状態を把握し、入札価格を考えることが必要です。そこで大切になるのは、オークション開催会社が実際に重機の確認をしっかりと行って商品詳細ページに記載しているかどうかです。

自分たちで確認できない以上、出品者以外の信用できる第三者が状態の確認をしているかどうかを判断材料にするしかありません。ALLSTOCKERでは、重機の写真とコンディション情報に加えて、すべての重機を専門家が鑑定し、鑑定書を作成して詳細ページに掲載しています。重機の写真も数十枚用意して細かい部分まで確認できるようにしている上、オークション期間中はカスタマーサポートが質問に対応するので、不明点があった場合でも問題なく、安心して参加できます。

どうしても自身で現物確認をしたい場合は、事前にオークションサイトに連絡をすれば確認可能な場合もあります。必要に応じて確認しておきましょう。

3.入札の取り消しはできない

一度入札したら、その入札を取り消すことはできません。やむを得ない事情があってキャンセルする場合でも違約金が発生する場合があるため、とりあえず入札しておくといったことは避けた方がよいでしょう。

インターネットオークションの利用はオークションサイトのサポート体制の確認を忘れずに

インターネットオークションには、全国どこからでも参加でき、現場までの移動宿泊費もかからなかったりといったネットならではのメリットがあります。だから、パレードオークションより気軽に参加し、中古重機の購入をすることができます。

しかし、対面での売買契約ではないため、品質チェック、決済、運送手配などを不安に感じて、利用に二の足を踏んでしまう人も多いことでしょう。そのような不安を払拭(ふっしょく)するためには、オークションサイトがどこまでサポートをしてくれるのかをしっかりと確認することがポイントです。

ALLSTOCKERでは品質チェックはもちろん、入札から運送手配までのさまざまな手続きや、出品者、バイヤー間のコミュニケーションに至るまで全面的にサポートします。

中古重機の購入を検討しているのであれば、ALLSTOCEKRのネットオークションをおすすめします。まずは登録を行い、出品されているさまざまな機種を確認されてみてはいかがでしょうか。