2020年11月30日

中古重機の購入とリースってどっちがお得?インターネットオークションとリースを徹底比較

建機の鑑定をしている鑑定員

新たに重機を購入しようと思った時、その入手方法はいくつかありますが、新車で一括購入するほどの予算は割けないという場合には、中古での購入、もしくはリースのいずれかを考える方が多いのではないでしょうか。

重機の中古購入とリースでは、どちらも新車一括購入よりも初期費用は抑えられますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。

中古重機の購入、なかでも最近増加しているインターネットオークションでの購入と、リースによる中古重機の利用ついて、導入費用と維持費用、使用期間、次の買い替えのタイミングなど、それぞれの特徴を比較しながらご紹介します。

インターネットオークションでの中古機械購入とリースの比較

重機の中古での購入とリースでは、契約形態から根本的に異なるものですが、重機を新車一括購入ではなく入手する方法としてはよく比較対象になります。この2つの方法にはそれぞれどのような特徴があり、どのような点に違いがあるのかを見てみましょう。

中古購入とリースはどのように違う?

最初に、中古購入とリースで入手できる重機の状態が違います。インターネットオークションで購入する場合はもちろん「中古」であり、リースは基本的には「新車」です。

また、最も大きな違いであり、理解しておきたい点は「所有権」の違いです。 中古購入は「購入」、すなわちお金を支払って物を受け取る売買契約なので、インターネットオークションで購入した重機は「購入者の所有」となります。

一方、リースは期間満了まで「リース会社の所有物」となります。この、「価値の在りか」は重要な意味を持ちます。
中古での購入は自社の資産となりますが、リースは自社の資産にならないのが基本です。

実際に機械を使用するまでのリードタイム

次に注目される違いとして、契約成立から実際に使用可能になるまでの「リードタイム」があります。

ネットオークションで購入する場合は、入札の時点で実際の現車がある状態で、中古機械の状態に納得して購入することになります。これは、すでに使用目的に合う状態の重機をすぐに手に入れられることを意味し、落札を経て支払いを行えば、そのまま即戦力として現場へ投入できます。

一方、リースは新車を調達することになります。重機メーカーは、基本構成のスタンダードモデルは多少ストックを持っているものの、一般的には仕様ごとに受注生産となる場合が多く、納入までに時間を要します。そのため、契約後すぐに現場への導入ができず、突発的な需要に対応できないケースが多くあります。

使い始めまでの時間という面では、インターネットオークションでの中古購入にメリットがあると言えるでしょう。

導入費用と維持費用

中古購入とリースを比較した場合、中古購入ではインターネットオークションでの落札代金の全額を一括で支払うため大きな初期費用がかかることになります。

しかし、リースの場合、月額でのリース料の支払いとなります。しかし、新車価格ベースで計算するため、導入費用の総額としてはリースの方が大きくなります。リースの場合はメンテナンス費用も込みになった支払い方法もあり、その場合、導入・維持費用の総額はさらに大きくなります。

維持費用は状態にもよりますが、基本的に年数と稼働時間を重ねた中古の方が平均的に見て修理に費用がかかります。これについては、それまでの使用歴や購入後の使用状況により異なるため、正確な比較は困難です。

機械の使用期間

次に、その重機をどれくらいの期間使用することができるかを考えてみます。

インターネットオークションで購入した中古重機は自社の資産となりますが、リースは所有権がリース会社にあり、リース期間中の使用権を得ているだけの状態です。あくまでリース会社の所有物であり、使う権利のみを持っていることになります。

中古はきちんと整備をしていれば、売却や譲渡、廃棄などをしない限り、永続的に自社の所有物として利用を続けることができます。一方、リースは期間満了に伴って使用権を失い、リース会社へ返却することになります。

ここから考えると、導入費用を長期的に使用できる年数で割った場合に、インターネットオークションで中古を購入した方が1年当たりの費用としては軽くなります。ただし、この計算はリース満了後に返却する場合を想定したものです。リースは初期契約によっては期間満了後に残価計算し購入できる場合もあり、どのような契約になっているか導入時に確認しておく必要があります。

重機を中古で購入した場合のメリットとデメリット

では、重機を中古で購入した場合にはどういったメリットとデメリットがあるのでしょうか。これまでの内容も含めてまとめます。

中古購入のメリット

中古で重機を購入する場合、リースより導入費用の総額を抑えられるという点が最も大きなメリットです。「現場ですぐに活躍できる重機を、納得できる金額で手に入れられる」というメリットこそ、中古を求める最大の理由ではないでしょうか。

中古購入は、即戦力としてすぐに使用開始できるという時間的なメリットに加え、金額面でのメリットがあります。

また、中古での購入は自社の資産となるため、支払った金額と同等の資産を所有することになります。その価値は使用と経年によって減少していきますが、所有物としては残り続けます。

自社所有のため、事業規模の変動や現場状況の変化に合わせ、売却・買い替えなどリアルタイムで柔軟な運用も可能です。

中古購入のデメリット

中古購入のデメリットは、「機械の状態や相場価格を見極めることが難しい」ことです。

中古重機は一物一価と言われるように、1台ごとに状態が異なるものと考えるのが基本です。中古重機の状態を見極め、購入に適正な金額を目利きする知識が必要となります。

場合によっては、購入後にすぐに修理が発生してしまう、相場価格よりも高い金額で購入してしまうというという可能性もあります。

中古機械の購入はインターネットオークションがおすすめ

中古機械の購入は、手軽に参加できるインターネットオークションがおすすめです。

インターネットオークションは、「安く即戦力の重機を購入できる」という中古購入のメリットを、自宅やオフィスから最大限に享受できる可能性が高い購入方法です。

また、インターネットオークション会社によっては、全ての出品機械をきちんと査定し、豊富な写真と共に鑑定書という形で公開しています。鑑定書の内容をみることで、その機械の状態をきちんと把握して購入することが可能です。

出品者の側面でみると、オークション会場まで現車を運ぶ必要がないため運搬コストを削減できます。また、開催場所が限定されないことで全国から豊富な出品があります。

こういったことから、中古の重機を購入方法として、メリットをさらに大きくすることのできるインターネットオークションは、今後さらに取引が増えていくと予想されています。インターネットオークションの特徴やメリット、購入方法などについてこちらの記事でさらに詳しく解説していますのでご覧ください。
建機・重機のインターネットオークションが注目される理由とメリット|ALLSTOCKERマガジン

重機をリースした場合のメリットとデメリット

次に、リースの場合のメリットとデメリットをまとめます。

リースのメリット

リースは新車が納入されるため、新車購入と同様に希望の仕様で導入できます。中古ではなかなか探すことのできないような特殊な機械の場合など、中古が見つかるのを待つより確実と言えます。

また、リースは自社の資産とならないため固定資産税計上の必要がなく、事務処理の負担を軽減できます。(※ファイナンスリースの場合)

さらにメンテナンス契約付きの場合は、維持を任せられるため安心して使用できます。メンテナンスに関して突発的な費用発生を抑えられ費用を平準化できる点も、大きなメリットと言えるでしょう。

リース期間というあらかじめ定められた節目があるため、更新の判断も容易です。

リースのデメリット

リースでは、新車価格に固定資産税や事務処理手数料を合わせた費用から月額が計算されます。そのため、導入費用の総額は大きくなります。

また、リースの契約によっては期間満了で返却となり、自社の所有物となりません。所有物でないため、都合に合わせた売却や譲渡もできません。リースは基本的に中途解約が不可で、中途解約する場合には違約金の支払い義務があるケースがほとんどです。

これらの点から、事業の状況に合わせたリアルタイムな運用ができないというのがリースの大きなデメリットと考えられます。

状況に合わせた運用ができる中古購入は有利な場合も多い

重機の入手方法としてインターネットオークションを使った中古購入とリースを比較し、どのような特徴の違いがありそれぞれどういったメリット・デメリットがあるのかをまとめました。

人手不足が大きな課題となっている現代の建設業界では、受注できる仕事に合わせた効率的な機材を投入することによって生産性を上げていかなければなりません。また、工法も変化しており、それに合わせた重機を使い分ける必要もあります。

このとき、重機の導入方法として、中古購入とリースにはそれぞれにメリット・デメリットがありますが、使用頻度の高い機械の場合は中古購入のメリットが有利に働く場面が多いと考えられます。重機といえばリースというイメージを持っていた方も、これからの重機の使い方に合わせて中古の購入にも目を向け、安心して購入できるインターネットオークションのご利用も検討してみてはいかがでしょうか。