2020年5月2日

中古建機のネットオークションに「安心」を提供する、独自の品質鑑定レポート

ALLSTOCKER鑑定アプリを使っている様子

中古品売買をするときに「実物を見て、安心・納得して購入したい」と思う気持ちは自然なことです。特に、購入する商品が中古建機・重機のように大型で高額な商品なら、購入者はなおさらそう考えるのではないでしょうか。

一方で、インターネットの利便性の向上によって、中古建機・重機の取引にインターネットを導入したい企業は増えており、購入を希望するバイヤーは国内だけでなく海外からも増え続けています。

そうした「安心感」と「利便性」が両立した中古建機・重機の取引を、どうやってインターネットで可能にするか。この問題に対して、中古建機・重機の国際オンライン取引所ALLSTOCKER(オールストッカー)が出した答えは、中古建機・重機に関する独自の品質基準として「オールストッカー鑑定」を策定し、オールスストッカーがインターネットで販売する商品1つ1つのコンディションについての正しくわかりやすい情報を提供する仕組みを作ることでした。こうして2016年に生まれたオールストッカー鑑定は、運用5年目に入りました。現在、新型コロナウィルス感染の懸念で現車オークションなどに集客することが難しくなる中、インターネットでも安心して中古建機・重機を購入する仕組みとして活用されています。

インターネットオークションでの中古建機・重機取引の難しさ

中古建機・重機の取引では、たとえば中古自動車の販売と比べても、品質評価の方法が確立しておらず、価格を決定する基準が不透明だと感じさせてしまうこともあります。

中古建機・重機は建設現場という過酷な環境下で使用されるため、商品ごとのコンディションや修理が必要な箇所などを判定するにはしっかりした検査が必要です。現車を確認することが難しいインターネットの取引では、なおさらその難しさが増します。販売する建機・重機の商品写真をサイト上に何枚も掲載し、「商品情報」欄で商品のコンディションなどを説明するケースが多いのですが、その情報の質と量は販売者によってバラバラです。ほとんど情報の記載がない出品も珍しくありません。

その結果、バイヤーは十分なコンディション情報をもとに購入判断をすることができません。バイヤーが自分で入札価格を決めるオークションでは、入札時にリスクを加味した消極的な値段設定をせざるを得なくなります。これでは、出品者にとっても適切な価格で販売ができず、結局「中古建機・重機の販売はインターネットでは難しい」という不満を生んでいました。

熟練バイヤーの目利きに匹敵する「鑑定」を

オールストッカーはインターネット専業でオークションとマーケットプレイスを展開するサイトです。特にインターネットオークションでは、日本国内に加えて18以上の国と地域からバイヤーが会員登録する、注目のオークションサイトとなっています。そして、そのオークションに出品される中古建機・重機には、オールストッカーが独自に開発したオールストッカー鑑定が実施され、取引の信頼度を高めています。

オールストッカー鑑定は、複数の熟練した建機・重機バイヤーが現車のコンディションを鑑定するときの着眼点や査定手法を観察し、研究した末に開発された、オールストッカー独自の品質評価基準です。熟練バイヤーの暗黙知を分析して適切な品質評価項目を作り、言葉と画像によるわかりやすいレポート形式にまとめました。さらに、鑑定をスマートフォンでかんたん・確実に実施できる仕組みも開発しています。こうした工夫により、人による鑑定結果のばらつきの無い、信頼できる鑑定をかんたんに実施できるようになりました。

オールストッカー鑑定の特徴

ALLSTOCKER鑑定のポイント3つ
<オークション出品用の鑑定レポート(例)>
ALLSTOCKER鑑定レポートサンプル

またオールストッカーは、日本全国から出品される中古建機・重機に対してスピーディーかつ確実に鑑定を行うため、「鑑定パートナー」という制度も制定しました。「公明正大で信頼できる中古建機・重機市場を作りたい」という思いに賛同する全国数十社のパートナー企業に「鑑定パートナー」の称号と鑑定プログラムを提供し、オールストッカーのための統一的な品質評価を実施してもらう制度です。現在では北海道から沖縄まで、全国約40社の鑑定パートナー企業が存在しています。

バイヤーと出品者、双方にとってのメリットとは

オールストッカー鑑定により中古建機・重機のバイヤーと出品者が得られるメリットには、以下のようなものがあります。

情報の透明性

しっかりした鑑定をもとに購入判断ができれば、バイヤーは安心してその建機・重機の価値を算定し、入札する価格を決めることができます。これは、建機・重機の価値を最大限に反映した入札を促すことになり、出品者側の利益も高めてくれます。 

現車確認コストの削減

オールストッカー鑑定は現車確認と同等の情報をオンラインで、かつ無料で提供する仕組みです。だから、バイヤーが自分で商品保管場所を訪れる必要がなく、移動費や移動時間のコストを削減できます。こうして、日本全国に点在する商品に対して国内外のバイヤーが手軽に入札できる、というインターネットオークションの長所を支えています。

情報提供コストの削減

出品者にとって、オークションで建機・重機をできるだけ適正価格で入札してもらうには、バイヤーの購買判断に必要な商品情報を自分で準備するというコストがあります。しかし、どんな商品情報を準備するべきか、十分な知識がない出品者も少なくありません。そこでオールストッカー鑑定を利用すれば、熟練のバイヤーの鑑定眼に匹敵する商品情報を全品無料で、簡単に準備できます。こうして、出品する建機・重機の価値を伝える情報の準備コストの削減が可能になります。

ネットの利便性+鑑定の安心感=独自の「リモートオークション」

現車オークションにバイヤーを集めることが難しくなるなか、地理的な制約が少なく、種々のコストも削減できるインターネットオークションには大きな関心が集まっています(参考:建機・重機のインターネットオークションが注目されるワケとメリット)。

オールストッカーオークションは、インターネットオークションの利便性はもちろん、独自の鑑定による正しい商品情報を提供します。そして、従来の中古建機・重機のインターネットオークションのサービス水準を高め、バイヤーが自分のオフィスから、現車オークションのような安心感・納得感で購入判断をしていただける、いわば「リモートオークション」としてサービスの充実を図っていきます。

ぜひこの機会に、オールストッカー鑑定を活用して、中古建機・重機のオークション出品をご検討ください。

オークションに関するご相談はこちらまで

オークションに出品したい

オークションの入札に参加したい

ALLSTOCKER鑑定パートーナー募集中!

・鑑定パートナーになりたい方のお問い合わせはこちら Email:cs@allstocker.com